ピアノファン-大人も子供もピアノが面白い-

ピアノを趣味で楽しむ記録 -電子ピアノでも楽しめる-

練習 : ブルグミュラー『ジプシー』

      2015/05/16

3月に入ってから、学校や幼稚園の行事、そして子供二人がインフルエンザやらといろいろとありまして、先生のお宅に一回も伺う事が出来ておりません(;_:)

前回の先生のレッスンで、「ブルグミュラー18の練習曲」より4番『ジプシー』をひととおり練習してくるようにと言われておりました。
が、これまで時間的、精神的余裕が無く、放置状態。毎日少しずつでも指を動かそうという小さな目標も挫折気味でありました。

今日、ようやく楽譜を追ってみようという気になり、音をとってみました。

全体を通して「タンタタ♪」という軽快なリズムが印象に残る曲です。
(曲の動画(YouTube)を、こちらの記事「初回レッスンに向けて:ブルグミュラー「ないしょ話」」に貼り付けていますので、曲を聴いたことがなくて、かつ興味のある方は聴いてみてください。4曲目が『ジプシー』です。)

ジプシー(家や定住地を持たずあちこちの国を転々と旅しながら生活している「流浪の人々」)達の情熱的な音楽演奏、踊りが目に浮かぶようです。

解説には
「何物にも束縛されない自由さと共に、憂いやもの悲しさ、激しさなど、感情の起伏の大きい彼らの気質はそのまま音楽にも表わされていて、1曲の中でも、明るさと暗さ、穏やかさと激しさ、テンポやデュナーミクにおけるきわだったコントラスト等、とても変化の大きいこともジプシー音楽の特徴」
とあります。

とてもドラマティックな曲です♪

また、解説によると、同時代にはシューマン作曲の「流浪の民」という曲があり、ブルグミュラーもこの曲を好んでいたとか。
この「流浪の民」は合唱曲で日本でも有名ですが、私もこの曲を合唱でやったことが2回あります。1回はピアノ伴奏をした思い出の曲です。
確かにこの二曲には似通ったところがあり、リズムの刻み方などは、すごく共通する部分があるなと感じました。

タンバリンやカスタネットなどのにぎやかな打楽器のリズムが聴こえてくるような、エネルギーあふれる、そして強弱の緩急をしっかりつけた、メリハリのある演奏を心がけたいなと思いました。

 - 大人ピアノ ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

17番「マーチ(行進曲)」/ブルグミュラー18の練習曲
練習:17番「マーチ(行進曲)」(ブルグミュラー18)

相変わらずのノロノロ更新でこんにちは。 9月に左手の小指を怪我してしまい、ピアノ …

ブルグミュラー12の練習曲3番
練習:ブルグミュラー12の練習曲No.3,No.4、シューマン『飛翔』

春休みです(^^) 年度がわりは、毎年バタバタしますね。 子供たちも家にいますし …

no image
練習:ブルグミュラー『真珠』『羊飼いの家路』

管理人自身のレッスンの記録です。 次回レッスンまでに、ブルグミュラー18の練習曲 …

no image
初回レッスンに向けて:ブルグミュラー「ないしょ話」

初回レッスンに向けて、音取りしておくように言われた 「ないしょ話」(ブルグミュラ …

no image
久しぶりに先生宅へレッスンへ

今年に入って、約20年ぶりにピアノのレッスンを再開して、張り切っていたワタクシで …

no image
練習:ブルグミュラー18の練習曲『泉』

6月に3ヶ月ぶりにレッスンを再開したワタクシではありましたが、またまた色々ありま …

ブルグミュラー18の練習曲15番「シルフィード」
練習:15番「シルフィード」ブルグミュラー18,二つのラプソディー第2曲

夏休みも半分が終わりましたね(^^) 7月の末に、夏休みに入った子供たちと一緒に …

no image
第2回レッスン:どうしても先生の前で緊張する私

2週間ぶりにレッスンを受けてきました。 課題曲は『ブルグミュラー18の練習曲』よ …

ブルグミュラー18の練習曲「朝の祈りの鐘」
久々のレッスン(ブルグミュラー18 朝の祈りの鐘,すばやい指さばき)

今週、ほんとうにほんとうに久しぶりに、先生のお宅にレッスンに伺いました。 なんと …

ブルグミュラー12の練習曲No.1
練習:ブルグミュラー12の練習曲No.1,舞踏への勧誘/ウェーバー

今年最初の更新になります。 遅ればせながら、あけましておめでとうございます。 本 …