ピアノファン-大人も子供もピアノが面白い-

ピアノを趣味で楽しむ記録 -電子ピアノでも楽しめる-

第2回レッスン:どうしても先生の前で緊張する私

      2015/05/16

2週間ぶりにレッスンを受けてきました。

課題曲は『ブルグミュラー18の練習曲』より、
2番『真珠』 と 3番 『羊飼いの家路(家路につく牧童)』です。

家では、弾けてたと思います。というか弾けてたつもりでしたが…。

重い鍵盤には前回より違和感なし

先生のお宅に伺ったら、いきなりピアノの椅子にドカッと座り、練習してきた曲を弾き始めます。

とりあえず、2番『真珠』を先生の前でひととおり弾きました。
 
前回(初回)のレッスンの時に非常に苦戦した、ピアノの鍵盤の重さですが、ものすごく「覚悟」して弾き始めたので、今日はそれほどの違和感はなし。

ですが、座っていきなり弾くのって、やっぱり、緊張…。
かなり演奏に堅さが。。。
 
続いて、3番『羊飼いの家路』
この曲はペダルさばきに自信がなかったので、今日はペダルなしで演奏。
だって、先生のお宅のグランドピアノのペダルはものすごく重くて深~い。
家の電子ピアノのペダルと全然違うので、ペダルに気を取られて指がおろそかになりそう、と思ったのです。

先生曰く、
「ただ弾くだけではなく、『曲』を作りこんでいきましょう。」
ということで、2曲とももう一度練習してくることに。
プラス、次の曲4番『ジプシーたち』の譜読みと音取りも宿題です。

上手に弾くのって難しいなぁ…

先生の前で弾くと、どうも堅くなってしまいます。

正確に弾こうという気持ちだけが頭の中を支配してしまい、
余裕のない演奏になってしまうのでしょうね。

曲調を豊かに仕上げるには、心に「ゆとり」と「自信」がないと難しいですね。
それと、集中力。心がザワザワしたまま弾いてもいい演奏にはなりません。(しょんぼり)

先生の前でも、邪念を払って心を集中して弾く。
これが次回の私の課題かなぁ…。

昔の話を持ち出しますが、
以前(子供のころから)習っていた時は、先生のレッスンの時も、いきなり「曲」ではなくて、
「指の練習」→「ハノン」→「ツェルニー」→「大本命の曲」という感じで、
指の練習からだんだん曲になっていき、その間に集中力を高めていました。
この時は、先生のレッスン一回が1時間半程ありましたからこのようなことができたのですね。

ブルグミュラーの短い曲とは言え、いきなり「曲」を弾くのは、
とても緊張しますし、最初から集中することが私にとっては難しいんです。

30~40分という先生のレッスンの時間をいかに有意義に使えるか。
それは、私自信の集中力にかかっていると言えそうです。。。

 - 大人ピアノ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

no image
初回レッスンに向けて:ブルグミュラー「ないしょ話」

初回レッスンに向けて、音取りしておくように言われた 「ないしょ話」(ブルグミュラ …

ブルグミュラー12の練習曲No.1
練習:ブルグミュラー12の練習曲No.1,舞踏への勧誘/ウェーバー

今年最初の更新になります。 遅ればせながら、あけましておめでとうございます。 本 …

レッスンの近況(ブルグミュラー12の練習曲、悲愴第一楽章、エオリアンハープ)

年が明けてから、一ヶ月があっという間に過ぎていきました。。。年齢を重ねるごとに時 …

ブルグミュラー18の練習曲 11番『セレナード』
練習:11番『セレナード』、12番『森での目覚め』(ブルグミュラー18)

ブルグミュラー18の練習曲、9番『朝の鐘の音』と10番『すばやい指さばき』は、無 …

no image
練習 : ブルグミュラー『ジプシー』

3月に入ってから、学校や幼稚園の行事、そして子供二人がインフルエンザやらといろい …

no image
私のレッスン内容を先生と相談

子供をピアノのレッスンに通わせていた私でしたが、自分ももう一度ピアノのレッスンを …

練習:14番『ゴンドリエの歌』(ブルグミュラー18)と、新しいもう一曲

ブルグミュラー18の練習曲です。 12番「森での目覚め」まで進んできましたが、次 …

no image
2週間ぶりにレッスンに行って来ました。

先週の話になるのですが、先生のお宅にレッスンに行って来ました。 曲目は、ブルグミ …

no image
レッスン:先生の提案でブルグミュラーとは違う曲もやってみることに

先週、約1ヶ月半ぶりにレッスンを受けてきました。 今回は、ブルグミュラー18の練 …

ブルグミュラー18の練習曲「朝の祈りの鐘」
久々のレッスン(ブルグミュラー18 朝の祈りの鐘,すばやい指さばき)

今週、ほんとうにほんとうに久しぶりに、先生のお宅にレッスンに伺いました。 なんと …