ピアノファン-大人も子供もピアノが面白い-

ピアノを趣味で楽しむ記録 -電子ピアノでも楽しめる-

大人になってからでは遅い?

      2015/05/16

いえいえ、全然遅くなんてありません。

楽器をやったことがなくても、音楽の好きな人はたくさんいます。

小さい頃に楽器を習う機会がなかったからといって、大人になって楽器を演奏することを
あきらめる必要なんてありません。
ピアノに限らず他の楽器についても同じです。

ピアノを大人になってから始める人が増えている

私がピアノのレッスンを受けている先生にお聞きしたところ、
「近年は、ピアノを習う大人の人が増えている」ということでした。

私のように小さいころにピアノを習っていて、またやってみたいという人も多いし、
また、全くの初心者の方も増えているそうです。

子供さんのレッスンについてきていて、自分もピアノを体験してみたいという人も
多く、そういう方は、お子さんと一緒に発表会で連弾をされたりするそうです。

また、趣味でピアノを始められる人もとても多いとか。
家で一人でひっそり?楽しみたいという人から、ゆくゆくは発表会など人前で演奏して
みたいという人まで、目指すところは色々ということでした。

それに大人の人は、手先が器用で蓄えた知恵や経験も豊富。上達も早いそうですよ。

子供の方が無限の可能性を秘めているのは確かなのかもしれませんが、
大人にだってちゃんとのびしろがあるということなのです。

大人のピアノはいろんなやり方がある

子供がピアノを習う手順は、先生によって多少の違いはあるものの、ほぼ同じようなパターンで
進められていると思います。

導入書,バイエルのような基礎本を終えたら、まっしぐらにクラシック曲へと進んでいく感じです。
そこに、選択の余地はない場合がほとんどだと思います。
(もちろん自分で弾きたいジャンルの曲をどんどん弾く子供さんもいらっしゃいます)

それに対して、大人のピアノの場合、教室や先生にもよりますが、取り組む曲のジャンルや練習の仕方は、個人にあわせて色々と選択肢があります。

自分のやりたい音楽に取り組める柔軟さが、大人ピアノの魅力なのだと思います。

個人的には「コード弾き」に挑戦するのも楽しいのではないかなと思います。
コードというのは、Cコード:ドミソ,Gコード:ソシレとかいう和音のことです。
楽譜にはメロディーと一緒にこのコードの記載があるものが結構あります。
このコード記号(CとかAmとかBm7とかいう記号です)をメロディの伴奏として使用します。

「右手でメロディ、左手でコード」でもいいですし、
「両手でコードをアレンジして弾き、弾き語り」もいいですね。
(私は弾き語りが超苦手ですが…)

コードは最初難しいかもしれませんが、仕組みを分ってしまうと案外簡単で、この記号をもとに
演奏が色々アレンジできて楽しいです。

決まった楽譜に縛られるより楽な人もいるかもしれませんね(^^)

自分の好きな曲を演奏すること、そして、自分に合った弾き方を見つけることで、
大人のピアノがきっと楽しくなります。

 - ピアノ色々 , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

うちが施したピアノの防音対策

先日、うちにアップライトピアノがやってきたことはすでに書きましたが・・・。 本物 …

no image
桑田真澄氏ピアノ演奏のCMが泣けます・・・

元プロ野球選手の桑田真澄さんがBGMのピアノを担当したという、テレビCMがめちゃ …

ご無沙汰しております。引越し&アップライトピアノを購入しました。

大変大変ご無沙汰しておりました。 実は、夫の転勤がありまして、夏に引越しをしまし …

no image
ピアノを始めたいと思ったら

ピアノは始めたいと思った時が始め時です。 大人だからと言って遅すぎることは絶対に …

no image
子供のピアノは早く始めれば特典がついてくる

お子さんにピアノを習わせてみたい、と考えておられるお父さんお母さん、 どうせ習わ …

no image
子供のピアノ教室選びを失敗しないために(私の経験より)

(最終更新日:2014.10.14) 「子供にピアノを習わせてあげたいなぁ」とい …